ぷらこあ

ゆるふわゲームクリエイターを目指してます

社内で勉強会を開催し、ファシリテーションについて発表しました

資料

speakerdeck.com

発表のきっかけ

弊社では現在、ふりかえりのファシリテーターを持ち回りで実施している。 ただ「ファシリテーションとは何をどうすれば良いのか?」みたいな部分や期待値を定義せずに雰囲気で持ち回っている状態で、目指すべきベンチマークが存在しないという認識だった。 (自分も上手く出来ているとは正直思っていないが) 何かしらアウトプットすれば部分的にも貢献できる側面もあるかな、と思い、ビルドや作業の待ち時間に資料を作成することにした。

なぜ勉強会という形式にしたか?

資料を公開して終わり、という風にも倒して良かったが、せっかく「ファシリテーター」という題材を扱うので、対面で困っていること等をヒアリング/整理しながら進めたかったから。問いかけをしたり、理解に対する合意形成を取ったり、この勉強会自体のふりかえり(表明じゃんけん)を実施したりした。

今後 / 勉強会を継続したい!

こうして特定の個人が持つ知見について整理して発表する機会を持つと、発表する側も体系的に整理されるので嬉しい。個人的には色々な暗黙知を掘り下げていきたい (ノウハウを自分のものとして優秀していきたい) し、一緒に働く人のことをもっと知りたいので、他の人にも発表してもらいたいし、自分も継続的に発表していきたい。

余談

f:id:lycoris102:20180620090112p:plain

アジェンダのことです