ぷらこあ

ゆるふわゲームクリエイターを目指してます

AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展 / Unity道場 Timeline入門ワークショップ に行きました

📝8/4(土)に六本木近辺に行ってきたメモです

AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ

www.2121designsight.jp

AUDIO ARCHITECTURE は デザインあ の音楽も担当している cornelius小山田圭吾さんが作曲された楽曲に対し、9組のアーティストが映像作品を手掛けるという内容の展覧会です。場所は六本木の東京ミッドタウン敷地内にある 21_21 DESIGN SIGHT

超巨大スクリーンに映し出される映像。ここでは9組のアーティストの映像が順番に再生されていました。驚いたのは壁だけでなくステージ床にも投影されており、そこには自由に立ち入って良いとのこと。中にはあたかも参加者が入り込むことで姿を変えるような作品もあり「自由に楽しみを獲得できる空間」のように思えました。

実際にステージに上がってみるとこんな感じ

巨大スクリーンで再生されていたアーティストの映像は、別のエリアで個別に見ることが出来ます。参加者が体験できるものもありました。

シンプルながら幾何学的な模様が印象的な Layers Act という作品は、2枚の透明フィルムの組み合わせを動かすというシンプルな仕組みで作られていました。会場にもフィルムが置いてあり、自分の手で動かして「あなただけのバージョン」を作ることが出来ます。

JIDO-RHYTHM という作品。これはiPhone向けのアプリとしてリリースされており、自撮りすると音楽と顔の動きに連動してエフェクトが再生されるというもの。「あなただけのインタラクティブなミュージックビデオ」というコンセプトがすごいキャッチーで良い。ちなみにコチラはUnityで作られているそうです。

JIDO-RHYTHM - 自撮りMusicVideoアプリ

また Made with Unity でも紹介されていましたが、オンガクミミズ という作品もUnityで作られているとのこと。こっちは自分の実力不足でどうやって作られているのか全く分からない。

madewithunity.jp

他にも 水尻自子さんによる柔らかで艶かしい官能的な寿司 は必ず脳に刻み込まれるはずです。様々なアーティストによる独特の世界観は、クリエイターであれば創作の着想のヒントになると思います。Unityの池和田さんも ツイート していましたが、「自分ならこの音楽/この歌詞に対してどういう風に作るんだろう」と考える楽しみもありました。10月までやっているので、興味湧いた人はぜひぜひ! (大体1時間前後で見終わります / 土曜日は11時くらいから徐々に混み始めたので10時の開場と同時くらいに見始めるのがオススメ)

Unity道場 Timeline入門ワークショップ

その足で六本木一丁目まで行き、Unity道場に参加してきました。

kenjin.unity3d.jp

内容はTimelineのワークショップで講師は 椿さんntnyさん 。 お二人は Unite2018 でも 2D関連の公演 をされており、また Twicth でも良くゲーム制作やUnity1Weekの実況の放送をされています。

機能説明 / 手本 / 手を動かす というフローでいくつかの機能を紹介されていましたが、これが非常に分かりやすく良かったです。特に資料に含まれていた手本の動画が良くて、 「進捗の早い人は次の単元に進める」「進捗の遅い人も動画を見返しながら進めることができる」 ということが出来たのが素晴らしかったです (用意するの大変だったと思いつつ...)

予めProBuilderでモデリングされたステージとユニティちゃんが含まれるプロジェクトも配布され、そこにTimelineで演出を付けていくような中身でした。

OverrideTrackは使用したことがなかった...!! 特定の演出時に座標移動させるのにTimeline上で調整する方法は非常に便利そう。

最終的な成果物はこちら。 CinemachineのVirtualCameraを複数用意してTimeline上でブレンドすることでカメラのスムーズな切り替えが行えることを知りました。

時間がなくて Control Track 周りまでは触れる時間があまりなかったとのことですが、Chinemachine + Timelineの有効な使い方を学ぶことが出来たのが個人的に収穫でした。ただ Chinemachine 周りは設定項目も多く、どうすれば理想のカメラワークになるのか、みたいなところを追求するとまだまだ学ぶことが多そう。

椿さん、ntnyさん、ありがとうございましたー!

社内にて ふりかえりのテーマを決めるためのワークショップを実施しました

📝個人的な備忘録です

背景

  • 弊社では ごっこランド というアプリを開発している
  • ごっこランドは複数のパビリオンと呼ばれるコンテンツにより構成されている
  • パビリオン毎に小規模チームを組んでいる (複数のパビリオンを同時に対応する人もいる)
  • 2週間に1回、各職能毎に1~3名が集まってチームを横断したふりかえりを実施している
  • ふりかえりのフォーマットはKPT
  • ふりかえりの参加人数は6名前後
  • ふりかえりの実施時間は60~90min

上記のような概要でふりかえりを行ない、KEEPによるナレッジの蓄積 / PROBLEMによる問題の見える化 / TRY・ACTIONによる改善を目指していたのだが、以下のような課題があった。

  • やれば終わる系の一過性PROBLEMや進捗報告のようなGOODが多い
  • テーマが形骸化してきた

上記に付随して、ふりかえりではテーマを改めるアクションが出ていた。ただ一方的に決められるテーマであるときに オーナーシップ (自分事として捉えられるか) が弱まってしまうのでは? (また形骸化してしまうのでは?) という懸念があったので、今回はテーマを決めるためのワークショップを実施することにした。

概要

ゴール

  • ふりかえりのテーマを決定する
    • そのためにメンバーが魅力に感じる課題を洗い出す

アジェンダ

  • 場の設定
  • As is
  • To be
  • n/10
  • ゴールツリー
  • クロージング/テーマ決定

場の設定 (5min)

  • この会が行われる背景と最終的に目指すアウトプットの説明を行う

As is (20min)

  • 現状の状況を洗い出すための手法
  • 今の「組織」「サービス」「個人」の視点で感じていることをひたすら付箋に書く
  • ポジティブと思ったことには 🌞 / ネガティブに思っていることは ☁️ マークを書く
  • 書き出しの時間を終えたら、1枚ずつホワイトボードに張り出す

f:id:lycoris102:20180803083846p:plain
▲記載の一例

To be (20min)

  • 未来のビジョンを考えるための手法
  • As is を受けて、将来どのようになっていたいかを「組織」「サービス」「個人」の視点で付箋に記載する
  • ホワイトボードに「1ヶ月後」「半年後」「1年後」「3年後」というタイムラインを予め記載する
    • 具体的な期間を意識させることで、アイデアを出しやすくする
  • 書き出しの時間を終えたら、1枚ずつホワイトボードに貼り出す
    • タイムラインのどの時点に該当するビジョンかをヒアリングしながら貼る

n/10 (10min)

  • 出たビジョンに対して優先度を決めるための手法
  • 貼られた付箋数/10のシールを手に持ち、魅力的に思った付箋に対してシールを貼る

ゴールツリー (25min)

  • 優先度の高かったビジョンを達成するためのロードマップを具体的にするための手法
  • n/10で投票数の多かった付箋を別途張り出す
  • 各付箋(ビジョン)に対して、それを達成するための「問題点/解決しなくてはならないこと」を付箋に記載する
  • 書き出しの時間を終えたら、問題点にぶら下げるように付箋を記載する

クロージング/テーマ設定 (15min)

  • 各ビジョンに対する問題点の共通項を見て、現段階で解決すべきテーマに落とし込む

フィードバック

実施後に参加者から以下のようなフィードバックをもらった。嬉しい。

🌞Positive

  • 参加者としてはそこまで事前準備をせずに望んだにも関わらず、みんなでわいわいやることでそれなりの成果が出せた、すごい!
  • チームで考えられた手応えがあって、ふだんやってるKPTよりも満足感がすごく高い
  • 純粋に楽しかった(あっという間に時間が過ぎた)
  • 個人が考えている思いを共有する場を持てたことが良かった
  • 皆が何を考えているのかも知れるのは良いなぁ

☁️ Negative

  • もうちょい深掘りしたりする余裕があるともっと満足度が高かった
  • あれだけの付箋を張り出すとなると、今のホワイトボードは手狭感あった
  • 太陽と曇りで付箋の色変えたら、もっと視認性高まりそう
  • 途中何度か言ってたけど、各単元で写真撮ると良かったかも

感想

個々人が何を考えて、将来的にどういうことを満たすことに魅力的を感じるのか共有できる機会は自分自身もメンバーも魅力的に感じることができて良かった。

一方で、ゴールツリーからテーマに落とし込むときのプロセスも曖昧なまま挑んでしまったこともあり、結果的に予定していた時間よりも時間が掛かってしまった。元々1時間半という枠で実施したが、深堀の時間が足りないというフィードバックもあったので、もし次回実施するのであれば半日くらい確保していきたい。

あとはこのビジョンを今後、いかに意識してふりかえりをやっていくか、という点も課題点として残る。一時的な満足度が高い状態は作ったが、そのビジョンが達成されるためにどういう問題点を解消しなきゃいけないかが定常的に話されないと意味がないのかなぁと。具体的にはふりかえりをやる際に 場の設定/テーマの確認/テーマの進捗チェック をやっていきたい気持ち。

f:id:lycoris102:20180803083704p:plain
▲モザイク掛けて分かりにくいけど今回のホワイトボード、付箋いっぱい!

Gotanda.unity #7 in 株式会社ミクシィ @渋谷 を開催しました!

Gotanda.unity (ごたゆに) とは?

Gotanda.unity は都内近郊で活動を行う (五反田 の) Unityクリエイターによるコミュニティです。 主なコンセプトとして以下のようなものがあります。

  • 企業や個人が持っているUnityノウハウを共有する場として機能する
  • 企業や個人にスポットを当てて、各自のプレゼンス(業界における価値や存在感)を向上する機会として機能する
  • Unityクリエイター同士の交流の場として機能する

■ 現在隔月で勉強会を開催しています。コンテンツはトークとLTの2軸で、特にLTは誰でも発表できるようになっています。初めての発表の機会にも是非ご利用いただけるととても嬉しく思います。

■ 初めは五反田近辺で開催していましたが、参加者の規模が大きくなってきたことにより適切なサイズの会場が見つからなくなってきたことや、様々なUnityを扱う会社さんと交流したいという思いから、第5回からは五反田外での開催も視野に入れています。

■ 自分 ( @lycoris102 )とタノシム株式会社より @pinori さんと株式会社キッズスターより @monry さんが中心となって企画/運営しています。

Gotanda.unity #7 in 株式会社ミクシィ @渋谷

gotanda-unity.connpass.com

第7回は 株式会社ミクシィ さんにお邪魔しました!
以前からGotanda.untiyに参加してくださり、6月に実施した Unity テスト完全に理解した 勉強会においても全面支援してくださった いも(@adarapata) さんに全面協力頂き、今回のミクシィ社での開催が実現しました。ありがとうございます!

またミクシィさんのスタッフのご好意にて、動画配信が実施されました!
もし Gotanda.untiy の雰囲気や発表にご興味ある方は以下から閲覧ください。

www.youtube.com

さて Gotanda.unity の第7回には一般/LT枠含め70名程の方にご参加頂きました。 冒頭に「今回初めて参加した人」と挙手アンケートをお願いしたところ、7割くらいの方が初参加 でした。継続して新しい人にきて欲しいと思っていたので、この結果は素直に嬉しくなりました。

また今回の開催で Gotanda.untiy は1周年を迎えることが出来ました。2ヶ月に1度のゆるやかなペースで続けてきた勉強会ですが、皆さんのおかげでここまで継続することができました。いつも参加してくださる皆さん、登壇してくださる皆さん、本当にありがとうございます。

f:id:lycoris102:20180731230911p:plain:w500

今回もLT大会を実施し、計10名の方にトークして頂きました。今回の発表が勉強会登壇デビューという方もいらっしゃり、その機会を提供できて良かったと感じています。結構濃い目の内容でしたが「Unity/アセット触ってみた」「今作っている成果物の紹介」レベルまでカジュアルに受け付けていますのでお気軽にお申し込みいただけると嬉しいです...!!

f:id:lycoris102:20180731232328p:plain

📝当日の資料

なんと今回の資料を @baba_s_ さんがまとめてくださいました!
以前 の開催のものもまとめてくださりありがとうございます....!!

💬感想

お寿司🍣

LTしてもしなくても 🍣 が食べれます!懇親会スポンサーの 株式会社キッズスター さんと タノシム株式会社 さんに感謝🙏 ( そういえば タノシムさんはワンプラさんになる のですよね )

初登壇!

Unityの勉強会のスタイルとして「もくもく会」や「トーク」形式の勉強会は非常に多くみるのですが、個人や企業が気軽に発表出来るような勉強会は無いよなぁ、と思って Gotanda.unity をやっている側面もあるので、初登壇デビューの場を作れて嬉しい!

今回も濃かった

今回は (も?) すごく内容が濃くて良かったです! 一方でUnity初心者の方や他のセクションの方にも登壇して欲しいって気持ちがあり「ごたゆに初登壇枠」という参加枠を設けているので、気軽にプレゼンスを上げに来て欲しい気持ち...!! (デザイナー向けのUnity共有会、めちゃくちゃ需要あると思うので誰かにやって欲しいし、誰もいなければ場を整えます)

テテーテテテ テテーテテテ

私の好きな @breezesquad さんによるアレンジです! みんな アルバム買おう

soundcloud.com

あと勉強会の待機時間の間を持たすためにBGMを流すという取り組みをやりました!ポータブルスピーカー便利

Amazon | Anker SoundCore ポータブル Bluetooth4.0 スピーカー 24時間連続再生可能【デュアルドライバー/ワイヤレススピーカー/内蔵マイク搭載】(ブラック) | Anker | デジタルオーディオ用スピーカー

最後に

@pinori さんに声を掛けて頂き、そこから五反田でUnityの勉強会を始めてからもう1年が経ちました。この1年で参加者も増え、より認知されたコミュニティになってきたと思います。一方でまだまだ需要もあるし、課題や改善点もたくさんあると思っています。2年目も頑張って行きたいと思うので、どうか何卒よろしくお願いします。引き続き参加してもらえると嬉しい!